Project

General

Profile

バグ #1422

配布しているtarballのディレクトリ構成が変わっている

Added by toshi_a 初音 3 months ago. Updated about 1 month ago.

Status:
実装待ち
Priority:
通常
Target version:
プラグイン名:
ブランチ:
クラッシュする:
No

Description

3.x系は mikutter/ 以下にすべてあったらしいが、現在はその階層がなくなっているらしい。

#1

Updated by Izumi Tsutsui 3 months ago

こういう感じです

% tar -ztvf mikutter.3.9.8.tar.gz 
drwxr-xr-x  0 toshi  toshi       0 Nov 30 17:41 mikutter/
-rw-r--r--  0 toshi  toshi    1057 Nov 30 17:33 mikutter/Gemfile
-rw-r--r--  0 toshi  toshi    1084 Nov 30 17:33 mikutter/LICENSE
-rw-r--r--  0 toshi  toshi    3418 Nov 30 17:33 mikutter/README
% tar -ztvf mikutter.4.0.1.tar.gz 
-rw-rw-r--  0 root   root      115 Jan  1 12:27 .gitignore
-rw-rw-r--  0 root   root      960 Jan  1 12:27 Gemfile
-rw-rw-r--  0 root   root     1084 Jan  1 12:27 LICENSE
-rw-rw-r--  0 root   root     3507 Jan  1 12:27 README
#2

Updated by @ metalefty about 2 months ago

今まで変な方法を使ってtarballを作っていたのをgit archiveで作るようになったので変わっちゃったやつですね。先週も忘れててそのまま出してしまった

https://social.mikutter.hachune.net/@toshi_a/103609024044510153

なるほど

#3

Updated by @ metalefty about 2 months ago

欲をいうとこういう感じのディレクトリ構成だと嬉しいです。

mikutter-4.0.4/core/
mikutter-4.0.4/core/boot/
mikutter-4.0.4/core/boot/check_config_permission.rb
mikutter-4.0.4/core/boot/delayer.rb
mikutter-4.0.4/core/boot/load_plugin.rb
mikutter-4.0.4/core/boot/mainloop.rb
mikutter-4.0.4/core/boot/option.rb
mikutter-4.0.4/core/boot/shell/
mikutter-4.0.4/core/boot/shell/generate.rb

こんな感じにすると↑のような構成のtarballが生成できます。

TAG=$(./mikutter.rb -v | awk '{ print $2 }')
FORMAT=tar.gz

git archive --format=${FORMAT} --prefix=mikutter-${TAG}/ ${TAG} > mikutter-${TAG}.${FORMAT}
#4

Updated by toshi_a 初音 about 1 month ago

  • Status changed from 分類待ち to 実装待ち

原状復帰をしたいので、mikutter/ にしようと思ってましたが、バージョン番号がついていたほうがいいですか?
tarballは現在、パッケージメンテナの都合がいいようにしているので、ご意見いただければありがたいです。

#5

Updated by Izumi Tsutsui about 1 month ago

たぶんバージョン番号がある方がいいというケースのほうが多い
ような気はします。

単に実装上の観点だけであれば
pkgsrc的にはどちらでも対応は可能です。

人間の作業的観点で言えば、
デバッグで複数のバージョンを同時に同一階層に展開してゴソゴソする、
というケースがママあるので、展開するだけで区別がついたほうが良いです。

世間の作法的観点では、多分前述のデバッグ観点と、
github のタグに対応する tarball がバージョン番号を含むので
その仕組みが流用できたほうが良い、という意見はあると思います。
(説明が無駄に長いオタク)

全然関係ないんですが、 github の tarball はディレクトリ名にバージョン番号が含まれるので
プラグインディレクトリにコピーするときバージョン番号を削除する手間がかかる
という逆の話はあったりします

#6

Updated by toshi_a 初音 about 1 month ago

なるほど。では #note-3 の提案のとおりにします。

#7

Updated by Izumi Tsutsui about 1 month ago

#note-3 のコマンドだと tar.gz のファイル名が
mikutter-4.0.5.tar.gz
になると思います

従来は
mikutter.4.0.4.tar.gz
と、ファイル名とバージョン番号の間が ピリオド でした。

世間的には前者の ハイフンのほうが多いので、この際変えてもらうと pkgsrc 的には前処理が一つ減ります

DISTNAME=       mikutter.4.0.4
PKGNAME=        ${RUBY_PKGPREFIX}-${DISTNAME:S/./-/}

が、だぶん Download ページの表記も変わるのでどの時点で変えるかはとしぁさん次第かと。

#8

Updated by @ metalefty about 1 month ago

多くのソフトウェアで標準的な mikutter-4.0.5.tar.gz 形式に +1 ですが
(今までそうだったように) 違ったら違ったでとても困るわけではなくなんとかはなります。

つついさんの言うように、標準的なスタイルのほうがやることが減るのは事実です。

Also available in: Atom PDF