プロジェクト

全般

プロフィール

ニュース

開発版の試用に関するお願い

toshi_a 初音10ヶ月前に追加

#862 が終わって develop ブランチにmergeされました。
既存のプラグインインターフェイスと互換性があるはずで、いくつかのプラグインが問題なく動作することは確認しましたが、かなり大規模な変更なので動かなくなっているサードパーティプラグインがあるかもしれません。プラグインが動かないのは、開発版の不具合である可能性があります。

mikutter 3.4では動作するがdevelopでは動作しないプラグインを発見した場合は、ツイートで済ませず、トラッカー「バグ」でRedmineにチケットを作って報告してください。チケットの作り方は以下のページで確認できます。

http://dev.mikutter.hachune.net/documents/5

mikutter 0.3 からのライセンスについて

toshi_a 初音3年以上前に追加

mikutter 0.3以降を、MITライセンスの下に公開する予定ですが、本日そのことを mikutter の貢献者の皆さんに正式にお伝えします。
以下、5月に発表した0.3の大綱からの引用です。

現在のmikutterのライセンスはGPL3ですが、今となってはmikutterにこのライセンスは適切ではありません。GPL3は、mikutterから派生したコードに同じライセンスを適用することを要求しますが、私はそれを要求するつもりがありません。そのため、mikutterプラグインにGPL3以外のライセンスを適用することが可能なのかどうかが不透明になるという問題がありました。
そこで、mikutter 0.3からは、MITライセンスを適用することを検討しています。理由は主に、mikutterはTwitterクライアントではなくTwitterに特化したBotフレームワークであり、フレームワークのような再利用されることを目的としたコードには、上記のような理由から緩いライセンスのほうが良いだろうということです。似たようなソフトウェアとしては、Ruby on RailsやSinatraが同じライセンスのもとで配布されています。

ただし、mikutterは既に多くの人のパッチをいただいており、この変更にはその人たちの承諾を受ける必要があります。幸い、ある程度貢献度の高い人たちには直接話をして、既に意見を頂いています。そのうち、Redmineのニュースで開発者全員に正式にこのことについて説明をして、最終的な決定を下します。

引用元: http://mikutter.blogspot.jp/2013/05/03.html

変更動機などは上記のとおりです。公開したバージョンはあとからライセンスを変更できないため、次回リリースされる0.3からの適用とします。昨年12月から、貢献度が大きいと判断した人にはこちらから声をかけて承諾を得ています。mikutterフレームワークだけでなく、標準mikutterプラグインもMITライセンスに変更するつもりです。また、画像や効果音のライセンスについては、引き続き「クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植」を適用することになります。
発表から随分引っ張ってしまい、また0.3のリリース日も未定な中ですが、よろしくお願いします。

最後に、このことについて個人的な意見・提案がある場合は、README等に書いてある私のメールアドレスにメールしてください。私はこういった問題が不特定多数のmikutterを使わない人の目に触れても良い影響はもたらされないと思っていますし(長い時間をかけて様々な人と十分議論しております)、SNS、特にTwitterは議論に適さないと考えているからです。ご協力をお願いします。

開発用リポジトリをgitに移行します

toshi_a 初音4年以上前に追加

こんにちはヾ(@⌒ー⌒@)ノ
試験的に mikutterのリポジトリをgitにしました。

場所

git clone git://toshia.dip.jp/mikutter.git

ってすると取ってこれるとおもう。

まだ、Redmineとかの設定をやっていません。オモテに書いてるリポジトリもSubversionのままです。試験的にというのは、そういう意味です。

Subversion リポジトリについて

ミラーとして残す予定です。既にテスト・使用するだけのためにsubversionをcheck outしているひとが移行するメリットはあまりない等、いろいろ細かい理由があります。
ただし、ミラーされるのはmasterブランチのみとなります。つまり、subversionのtrunkは、常に最新のtarボールと同等の内容になる、ということです。
subversionのtrunk以外のブランチの更新は一切凍結し、同期をとりません。削除する可能性もあります。

ブランチの意味

ありきたりだけど一応。

master... 現在リリースしている最新版。subversionのtrunk、tarボールと同じ。
hotfix-0.2.1... 最新版のバグフィックス。
develop... 開発用(今までのtrunkと同義)。コミッタはここで開発をすすめる。

しばらくローカルでgit使ってて、これがいいんじゃないかという結論に至った。
だから、今までと同じようにtrunkのつもりでmasterを引っ張ってくると、人柱感がまったくなくなるので注意。

移行スケジュール

今日: 言った
近いうち: 不思議な力によりいつの間にか移行が完了している

移行した理由は大したことのないこちらの都合です。
意見や質問などがあればこの記事へのコメントとかでどうぞ。

FAQ

  • githubへのミラーはしないの?

前向きに検討してます。より開発に参加してもらいやすくなる、プロジェクトをふぁぼれる等のメリットがあります。

  • バージョン番号の四桁目どうすんだ

考え中。でもいろいろ面倒なことになるので数字しか使わない

mikutter 0.2 開発者向けプレビューみたいな

toshi_a 初音ほぼ5年前に追加

0.2というブランチを作成して0.2になると思われるコードを置いときました。
一応試用できますが、いくつか注意点があります。

  • ~/.mikutter はバックアップしておいてください。なぜかはわかるな?
  • 移植できていないプラグインがまだあります。一部機能だけ移植したプラグインもあります。検索消えてるとか言って悲しまないように。
  • 0.1.x向けのプラグインが一部動作しません。ものによってはロードしただけでクラッシュすることもあります。

等々。今日熱中症で死にそうになったので(気温が低いからと油断していた)、死ぬ前に上げておこうと思った次第です。
まだ全然取りきってませんが、バグ等見つけたら教えてください。チケットは、バージョンの設定をお忘れなく。

なおこれ以降、全てのプラグインを移植し終わるまでは0.2の開発はこのブランチで行う予定です。この調子だと9月中にリリースって感じかなー?

Redmine復活しました (2コメント)

toshi_a 初音約5年前に追加

土曜日にハマったきりアクセス制限をかけたままでしたがやっと復活しました。

バグ…?欲しけりゃくれてやる。探せ、バグの全てを0.1.1に置いてきた。

なんかメールの設定ミスってました (1コメント)

toshi_a 初音5年以上前に追加

Redmineのメールの設定ミスってて、ニュース以外のメールが届かないようになってましたごめんなさい。
それで、届くようにしたんですが、何人かメール通知設定が「参加しているプロジェクトの全ての通知」になっているみたいなので、`一応この説明だけしておきます。
redmineにログインして、右上の「ログイン中:<ユーザ名>」のリンク→右端の「編集」→メール通知のところで、「ウォッチ又は関係している事柄のみ」を選んでおくと、
  • 自分が作成したチケット
  • ウォッチマークをつけたチケット(ふぁぼみたいなやつ)

のチケットの変更だけがメールで通知されるようになるのでおすすめです。他にもいろいろ選択肢があるので遊んでみてください。
本当は@mikutter_botとかからリプライとか飛んでくるのが面白いんだけどなー…

(1-10/12)

他の形式にエクスポート: Atom