Project

General

Profile

機能 #915

Retriever::Model関連でURIを使っている部分を、Addressable::URIに置き換える

Added by toshi_a 初音 about 3 years ago. Updated about 3 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Target version:
Start date:
2016-10-11
Due date:
% Done:

0%

プラグイン名:

Description

3.5から、要所要所でURIを要求しているが、できるだけAddressable::URIを利用するように書き換える。

Addressable::URIでないと、ドメイン名にunicode文字を利用しているURLを扱えないようなので(IRI)、Twitterで利用するには都合が悪い。
あと、queryをHashで取り出せるやつと、URI Templeteを使ってみたさがある。

受け入れ側はURIでも受け入れ、渡す側はAddressable::URIを利用し、URIを渡すコードでも問題なく動くようにする。

Associated revisions

Revision df20c44e (diff)
Added by toshi_a 初音 about 3 years ago

Modelがuriを取り扱うための Retriever::URI を作った refs #915

Revision 0767bc20 (diff)
Added by toshi_a 初音 about 3 years ago

Modelがuriを取り扱うための Retriever::URI を作った refs #915

History

#1

Updated by toshi_a 初音 about 3 years ago

  • Status changed from 新規 to 実装待ち
#2

Updated by toshi_a 初音 about 3 years ago

適当にやったら常にCPU100%食うようになった。プロファイル掛けたらAddressable::URI#to_s がめちゃくちゃCPUリソースを食ってる。
多分そもそもto_sが遅くて、それがCellRendererMessageによって頻繁に叩かれるのでそれが問題なんだと思う。URI::Genericでも同じ状況になってたはずだが、こちらはto_sが高速だったんだろう
仕事終わったらちゃんとコード読んでどうするべきか考える

#3

Updated by toshi_a 初音 about 3 years ago

簡単に早くするのは無理そう。ModelがAddressable::URIを返すのはやりすぎで、多くはURIの機能で十分なので、Addressable::URIが必要な時だけそれを使うようにしたほうが良さそう。

#4

Updated by toshi_a 初音 about 3 years ago

殆どの場合、Model#uriの結果に対してはto_sしか呼んでいないので、別のclassでwrapしてやってうまくサボれないかな

#5

Updated by toshi_a 初音 about 3 years ago

  • Status changed from 実装待ち to 終了

Also available in: Atom PDF