Project

General

Profile

最適化 #561

大量の実行待ちイベントが発生した時の処理速度の改善

Added by toshi_a 初音 over 6 years ago.

Status:
新規
Priority:
通常
Target version:
Start date:
2013-01-24
Due date:
% Done:

0%

プラグイン名:

Description

割り込み実行

現在はDelayerに登録されたブロックは登録された順に実行されているが、大量のイベントがキューイングされるとユーザの入力によって発生するイベントや、GUI関連のイベントの実行が遅れる。
この場合でも、ユーザの入力のレスポンスを割り込み実行できれば早くなりそう。

まとめて実行

updateイベントなど、複数のデータを一つのデータにまとめられるイベントが大量にキューイングされているなら、それらが別々のプラグインの別々の処理によって発生していたとしても、まとめて単一のイベントにしてしまって良い。
Pluginクラスにそのような仕組みを導入できないか検討する。

Associated revisions

Revision dc188a63 (diff)
Added by toshi_a 初音 over 6 years ago

最適化しやすいように適当にクラスを分けた refs #561

Also available in: Atom PDF