プロジェクト

全般

プロフィール

機能 #872

MiraclePainterをModel毎に提供する

toshi_a 初音9ヶ月前に追加. 6ヶ月前に更新.

ステータス:
新規
優先度:
通常
担当者:
-
対象バージョン:
開始日:
2016-09-03
期日:
進捗率:

0%

プラグイン名:

説明

現在のmikutterでは、MiraclePainterは全て同じものを使っている。Twitter用の最適化されていて、アイコンやSubPartsといったものが表示されてしまう。
Twitter以外のサービスでは基本的にこれは好ましくないので、タイムライン上に表示する時のMiraclePainterをModelから指定できるようにする。

目的

User、ListといったものもTimelineに表示できるようにする。
今はUserはGtk::UserList、ListはGtk::ListListといったようにそれぞれ独自のリストビューを定義して表示しているが、どれもModelなのだから、Viewさえ指定すればTimelineで扱えるという状態にしたい。

雰囲気

class MikuPainter < Cairo::MiraclePainter
  # pixbufとかを書き出す処理をいろいろ書く
end

class Miku < Retriever::Model
  paint_by MikuPainter
end

その他

複数のMiraclePainterを提供して選べるようにしても面白いかも。このチケットでは取り扱わない。
あとこれもやらないかもしれないけどプラグインが特定のModelに対してMiraclePainterを提供できると便利そう。ツイートを1行で表示するプラグインみたいなものが実現できる可能性がある。


関連するチケット

ブロック先 機能 #875: Activityの表示のためのMiraclePainter 新規 2016-09-03
ブロック先 機能 #874: ActivityのListViewを廃止し、Timelineを使う 新規 2016-09-03
ブロック先 機能 #840: spotlightみたいな機能 新規 2016-05-25

履歴

#1 toshi_a 初音9ヶ月前に更新

  • ブロック先 機能 #875: Activityの表示のためのMiraclePainter を追加

#2 toshi_a 初音9ヶ月前に更新

  • ブロック先 機能 #874: ActivityのListViewを廃止し、Timelineを使う を追加

#3 toshi_a 初音8ヶ月前に更新

Modelがレンダラを指定するのでは、Modelを提供するプラグインがGUI系のプラグインに依存してしまうので、MiraclePainterからサポートするModelを指定するほうがマシっぽい

#4 toshi_a 初音8ヶ月前に更新

  • ブロック先 機能 #840: spotlightみたいな機能 を追加

#5 toshi_a 初音6ヶ月前に更新

  • 対象バージョン3.5 から 3.6 に変更

他の形式にエクスポート: Atom PDF