プロジェクト

全般

プロフィール

コミットの流れ

技術文書
2011-04-30

作業前

チケットの担当者を自分にして、ステータスを「進行中」だっけ、それにする

できるだけ1コミット1チケットにする

できるだけけ1つのコミットで1つのチケットにだけ関係するようにする
コミットメッセージには、以下のように書いておけばチケットとコミットが関連付けられるのでやっておく。

手元で再現できた環境については対応した refs #156

コミットに対応するチケットがない場合は、コミットする前にチケットを作ってからコミットする

バージョンアップコミットについては、どのチケットにも関連付けない。
また、バージョンアップとほかの修正を同時に行なってはいけない。

チケットの回収

基本的には、コミットで作業が完了した場合にはそこでチケットを閉じる(「終了」にする)。
以下のようにコミットメッセージに書けば、関連付けと閉じるのが同時にできる

はつね機能実装完了 closes #156

報告者が他人で自分が対応した場合とか、イマイチ自信がないときは、refsでコミットした後に、redmineから「フィードバック」にしておく。
一応チケットは終わったけれどまだ動きがありそうとか思ったときは「解決」にしておく。

基本的な流れは、チケット作成→コミット(チケットと関連付け)→チケットの処理

というかんじ。

ファイル