プロジェクト

全般

プロフィール

Windowsでmikutter用環境を野良ビルド無しで作る

ふぇのまー 葱野6年以上前に追加

mikutter環境(ruby1.9.2, ruby-gtk2 1.0.0, その他色々...)を、
野良ビルド(mingwやらなんやら)無しで構築する方法。
2008(Vista)、2008R2(7)で確認。XPは少々厄介かもしれない。

どんとこい不具合な方向け。
(実際のところ、現在最新のバージョンではうまく動作しなかった)

ruby installerでruby1.9.2-p290のインストール

ruby installerのwebサイトからWindows用インストーラをダウンロードしてインストールする。
http://rubyinstaller.org/downloads/
インストール時"Add Ruby executables to your PATH"にチェックを入れる。

mikutterのインストール

Webページからダウンロードする場合

http://mikutter.hachune.net/download
tar.gzアーカイブをダウンロードし、7zip等を用いて解凍、
*日本語ディレクトリ名を含まないパス*に展開する。

OK C:\Users\miku\apps\mikutter
NG C:\Documents and Settings\みく\みくったー

リポジトリから取得する場合

TortoiseSVNをダウンロードしインストールする。
http://tortoisesvn.net/downloads.html
すると、右クリックメニューに"Svn Chevkout..."が現れる。
URL of repositoryにmikutterのリポジトリのURL
svn://mikutter.hachune.net/mikutter/trunk を入力し、Checkout
Directoryにmikutterを展開したいディレクトリを入力する。その他はデフォ
ルトで構わない。
展開先ディレクトリ名は、Webページから直接ダウンロードした時同様、
日本語ディレクトリ名を含まないパスに展開する。

リポジトリから取得した場合は、展開したディレクトリのアイコンを右ク
リックするとSVN Updateメニューが現れるので、それを実行すると
mikutterを更新できる。

gtk2のインストール

gtk2のAll-in-one bundlesをダウンロード。
http://www.gtk.org/download/win32.php
zipアーカイブのbinディレクトリ内のdllファイルを、
mikutterのインストールディレクトリ内のcoreにコピーする。

ruby-gtk2のインストール

コマンドプロンプトを開いて以下のように入力する。

gem install gtk2

mikutterの起動

コマンドプロンプトを開き、mikutterをインストールしたディレクトリにcd
して以下のコマンドを実行する。

ruby mikutter.rb

mikutter起動後コマンドプロンプトを閉じたい場合は*rubyw*を用いる。

rubyw mikutter.rb

起動スクリプトの作成

mikutterをインストールしたディレクトリにmikutter.batを作成し、
その中には以下のように記入する。

@echo off
ruby mikutter.rb

ここで作成したmikutter.batをダブルクリックすると、
(問題がなければ)mikutterが起動する。
Windowsのバージョンによりカレントディレクトリの扱いが違ったり
するらしいので注意が必要かもしれない。